BLOG

株式会社Limeです。

昨今では都内を中心にたくさんのダイエットジムやマイクロジムが名を連ねています。

そうした競合が増える中で、あなたのジムが集客を安定させて生き残っていくためには何が必要でしょうか?

それは、どこにでもあるジムとは違ったあなたのジム独自のポジションを確立することです。

そのために有効な方法が、USPを決めることです。

発展していくフィットネス業界では、このUSPを明確に決めることがとても大切になります。

この記事では、USPとそれを決めるための大切なポイントについて解説します。

USPとは?

 

まず、USPについてご説明します。

USPとは、Unique Selling Propositionの略称です。

簡単に訳すと、自社が提供できる独自の販売条件を示す言葉です。

いわゆるキャッチコピー

・他にはない自社の強み
・自社にしか提供できないサービスの価値

それがUSPです。

USPが明確でないジムは、それこそ小川に落ちているなんの変哲も無い石ころと同じになってしまいます。

ユーザ目線で考えた時に、同じようなジムが立ち並んでいたら、あなたは何を基準にどのジムに入るでしょうか?

その時の決定的な要素になるのがUSPになります。

USPは“技術力”とは別物!

 

これだけを聞くと、『なんだ、それならうちのトレーニングの技術がまさしくUSPじゃないか』と思われる方もいらっしゃるでしょう。

これは大きな間違いです。

素晴らしい知識や誰にも負けない技術を持っているジムであっても、集客がうまくいかず姿を消すジムはたくさんあります。

職人気質の高いトレーナーやジム経営者の方はここを誤解してしまうことが多いです。

技術力とUSPはある意味別物と考えなければいけません。

ユーザ目線で考えた時に、数あるジムの中から『なぜあなたのジムを選ばなければいけないのか?』その明確な理由になるのがUSPなのです。

ライザップはなぜ成功したのか?

 

ここでわかりやすい事例をあげましょう。

フィットネス業界にパーソナルトレーニングブームを巻き起こしたライザップ。

今やその年商は1000億円とも言われています。

では、ライザップはあなたのジムよりも特別な技術を提供していたから成功したのでしょうか?

この質問を考えたら、多くの人は首を横に振るのではないでしょうか?

ライザップの強みは『2ヶ月で理想の結果にコミットする』ことです。

これがユーザーの悩みを解消する強烈なUSPだったのです。

ユーザーの悩みが、『どれほど上手く自分の身体を変えてくれるか?』ではなく『どれだけ早く身体を変えてくれるか?』であったことをライザップはしっかり捉えていたのです。

ライザップはトレーニングの技術力の高さではなく、『2ヶ月で結果をだす』という明確な指標を打ち出したことが功を奏したのでしょう。

このようにライザップの成功には、まさしくこのUSPが明確であったことが一番の要因だと考えられます。

 

まとめ

 

以上のことをまとめますと、

どのジムにも負けない集客をするために必要をするためには、ユーザーの心を掴み、自社にしかできない強みを明確に表すUSPを決めることが大切である。

ライザップはユーザ目線の明確なUSPを示したことで成功した。

あなたのジムのUSPは明確でしょうか?

『絶対にどのジムにも負けない強みはこれだ!』というものが示せれば、今後せめぎ合うフィットネスの市場でも揺るがないポジションを獲得することができるでしょう!

 

facebookコメント